タイレル P34 1977 モナコ GP

プラモデル

タイレル P34 1977 モナコ GP

 6輪車という奇抜なアイデアを採用して1976年のF1に参戦、活躍したのがタイレルP34です。
翌年はファーストナショナルシティ銀行をメインスポンサーに迎えてカラーリングを変更し、空力に優れたフルカウルを採用。
P. デパイユとR. ピーターソンのドライブで参戦しましたが、この年はタイヤメーカー2社によるタイヤ戦争が勃発。
専用の前輪を使うタイレルにとってその開発が進まないという苦境に立たされました。思ったような活躍ができない中、モナコGPなどでは前年型のカウルに戻すなど努力を続け、奮戦したのです。

(メーカーHPより)

各加工後の詳細

タミヤ 1/20 タイレル P34 1977 モナコ GPです。
久々に車を製作してみようと思い、何にしようか悩んだところ、子供のころに6輪のF1があったことを思い出しこれにしました。
F1は、エンジンがむき出しで配線やパイピングに魅力で、メカメカしていて大好きです。

でも、実際に作ってみてその大変さがわかりました。車の塗装はツヤが命なんでかなり苦労しました。
クリアーの重ね塗りで、デカールを溶かしてしまったり、磨きだしで下地が出てしまったりでカーモデラーの方はほんとすごいと思います。


各加工後の詳細は次へ

コメント

  1. kakinokisou より:

    タイレル P34 1977 モナコ GPの製作記事を載せます。

タイトルとURLをコピーしました