メーベルワーゲンを作る 2

製作記事

友人にもらったメーベルワーゲンの製作記事です。

マフラーです。

キットでは、金型の関係かズレがでています。
これを修正および真円にするのは骨が折れます。

こういうものは、プラパイプに置き換えるのが効率がいいです。

太いほうは、8㎜、細いほうは、3.5㎜です。
排気管は斜めに出ているので、慎重に1㎜のドリルから穴を開けて、徐々に拡張していきます。

排気管をキットのパーツを参考にしながら、長さと角度を決めて接着します。

この時、どうしても隙間が出来るので、溶接あとの再現を兼ねて、伸ばしランナーで埋めます。

伸ばしランナーを接着後、流し込み系の接着剤を付けて、ランナーを溶かします。

ある程度溶けたら、カッターで、細かくぶつ切りにします。

もう一度、接着剤を流し込んで、へらやカッターの刃で、溶接あとを付けていきます。

マフラー全体に、接着剤を塗って、使い古した歯ブラシでたたくようにして、荒らしていきます。

接着剤が乾いたら、スポンジやすりで、表面をならします。

これは、マフラーの塗装が、熱ではがれて錆びてきたときのテクスチャーになります。

塗装だけよりは、より立体的になりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました