零式水上観測機 11型

プラモデル

零式水上観測機 11型

零式水上観測機(制式名称は零式観測機)は、これまで偵察、着弾観測を行っていた。
艦載水上偵察機に代わって任務を担うために開発されました。
求められたのは、上昇性能と、格闘性能、速度性能を良くすることでした。

水上機で有名な愛知、川西の2社をしりぞけて制式採用となった零式観測機は、無駄のない洗練された外観で、
複葉機ながら古さを感じさせないデザインの機体でした。
運用の任務は多目的にわたり、哨戒、偵察、船団の護衛、またその優れた格闘性能を発揮して迎撃、
さらに小型爆弾で艦船などへの攻撃と多用途に使用され活躍しました。
昭和19年までに合計約1000機が生産されました。

(ハセガワHPより)

各加工後の詳細

ハセガワの零式水上観測機 11型です。

水上機が大好きで、零式水上観測機 11型をチョイスしました。

この観測機、複葉機なんですよね。
複葉機といえば、第一次世界大戦で活躍した木製の飛行機を思い浮かべましたが、零式水上観測機は金属製です。

艦載機で、カタパルトから飛び立つシーンを作りたかったのですが、このサイズの呉式2号5型のカタパルトがない、ということで、今回は、観測機とカタパルトのセットで作りました。

まずは、零式水上観測機 11型からです。


各加工後の詳細は次へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました