2020-10

AFV

Ⅲ号突撃砲F型

ドラゴンのⅢ号突撃砲F型を使ったジオラマの製作紹介です。 号突撃砲F型のジオラマです。 私は、この突撃砲が大好きです。 この低く構えたフォルムや、一撃必殺で敵を仕留めるとこや、砲兵のヒーロー的な存在がいいんですよ。 今回のジオラマは、前線に移動中に憲兵に道の案内を聞いているところです。
キャラクター

ザクキャノン

バンダイ MGザクキャノンの製作紹介です。 これは、誕生日プレゼントでもらったもので、ちょっと気合を入れて作りました。 MSVシリーズの機体で、AFVに通じるものがありますよね。 皆さんは、キャラクターキットを作るとき、とてもきれいな機体が多くありますよね。
プラモデル

夏の風景

オーナーズ倶楽部の '67 フェアレディ20000のジオラマです。 とあるワインディングロードの一風景って感じで、夏が始めり女性が一人、夏の海を眺めている構図です。 フェアレディ=「淑女」なので、車は赤、夏にふさわしい白のワンピース帽子、サラサラロングヘア―と勝手な妄想を膨らませてみました。
AFV

フンメル後期型

サイバーホビーのフンメル後期型を使ったジオラマの製作紹介です。 オープントップで戦闘室内がむき出しで、砲架まで見えます。 戦車物は基本中身は作らない、または、チラ見えする程度の作りこみだけなんですが、 丸見えなんで、内部の小物とか、ちょっとした配線とか、結構作りこんでみました。
プラモデル

二式水上戦闘機

タミヤの二式水上戦闘機です。水上戦闘機ってロマンがあるとおもいませんか?  戦闘機である以上、機動性とか航続距離とか重要だと思うのですが、胴体の下や翼下にフロートを付けているなんて、邪魔じゃないかなってね。 ウィキペディアにあるように、非水上戦闘機との戦闘では、不利だったみたいですね。
プラモデル

秋の風景

オーナーズ倶楽部の '61 ブルーバード1200のジオラマです。 とある田舎の一風景って感じで、秋も終わりかけの季節で、最後に残った柿を眺めている構図です。 アリイのオーナーズ倶楽部の車って、ノスタルジックで、あの当時の心象風景がよみがえりますよね。
AFV

Ⅳ号突撃砲

Ⅳ号突撃砲のジオラマです。 手前に伝令兵のバイクを置いて、ちょっと立ち話って感じです。 このⅣ号突撃砲は、友人からの貰い物でタミヤのものを使ったのですが、さすがタミヤ。 作りやすい……けど、なんか、圧倒的に情報が足りなすぎる。
プラモデル

零式艦上戦闘機 22型

ハセガワの零式艦上戦闘機 22型です。 この当時の戦闘機のハゲチョロを何とか再現したくていろいろとチャレンジした作品です。 ゼロ戦といえば、ハゲチョロ!って感じですよね。 大好きな機体だったので、気合をいれて作りました。
AFV

ヤークトティーガー

タミヤのヤークトティーガーです。 フェンダーや車載工具の留め金などはアベール、グリルガードはキット付属のエッチィングにて置き換えています。 車体に使われている鉄の厚みをフェンダーの薄さの対比で、重厚さを出してみました。 このキットは、特に塗装に時間をかけて地肌と錆表現に重きを置いて作成しました。
プラモデル

瑞鳳

フジミの瑞鳳で友人の誕生日用に作成したものです。 これを作ったのは、会社の友人が艦これの瑞鳳が好きで誕生日プレゼントにいいかなって思ったのがきっかけです。 1/700のウォーターラインシリーズキットは、子供のころ大和を作って以来作っていませんでした。 最近は、老眼が進み細かいパーツが見えず、とてもつらかったです。(笑) キットだけではなく、より解像度を上げるためエッチィングパーツを使いました。 トムスモデルのエッチィングを使ったのですが、説明書がわかりにくく、厚みもかなり薄いのでとても作業がやりにくかったです。 誰かが言ってたけど、「エッチィングパーツはすべて使う必要なし。完成したければ、捨てる勇気も必要だ。」ってなもんで、要所だけ使っています。
タイトルとURLをコピーしました